エレクトーン・オルガン4つの処分方法|買取から処分まで解説いたします

9d1ecfea4b37f0a8e7c022ca7f251be3_m

エレックトーン、オルガン、電子ピアノ、趣味だったり子供の習い事として購入した方が多いのではないでしょうか?月日がたち使わなくなり、子供たちが独立し家を出て行ったりして部屋のオブジェや物置になってしまっている方も多くおられます。大きく重たい為、何年も使わないままの状態で置いていて、思い切って処分しようと思ってもどうしていいかわからず、そのままにしている方が多いのではないでしょうか?そこで邪魔になったエレクトーン、オルガン、電子ピアノの処分方法をいくつか紹介していきます。困っている皆さんの参考になれば幸いです。

1、買取専門業者を利用する

aaf5305bb40024e1544f7c3c9cf85169_l

ピアノ、エレクトーンや楽器買取の専門業者は多数いますのでまずは買取可能かどうか確認するといいでしょう。型番やメーカー、故障箇所の有無がわかればすぐに、査定可能です。

■楽器買取専門店

ヒカカク

メリット

取りに来てもらえ、搬出から全て行ってもらえ、高性能、高年式のものであれば高価買取してもらえる。

2、粗大ゴミとして処分

電子ピアノ

自治体によっては粗大ゴミとして回収してくれる場合もあります。指定場所、決められた日時に出す、またはクリーンセンターに自ら持ち込む事で処分できます。

ですが、多くの自治体が粗大ゴミとして引き取ってくれない場合がほとんどの様です。

メリット

処分費が安くすむ。

デメリット

自分で搬出しなければならない。回収してくれない自治体が多い。

3、欲しい人に譲る

0b9d0ff6e260d5611d319cfa2392aa38_s

エレクトーンやオルガンは購入すると高価な物です。必要なくなった方にとってはゴミになってしまう事もありますが、新しく始めたい方や子供が欲しがっているなど必要としている人はいます。ネットの掲示板や市役所の掲示板などを活用するのも一つの手段です。

■ネット掲示板

ジモティ

メリット

欲しい方に使って頂け、喜んでもらえ、処分費もかからずにすむ。ゴミとして処理しない為環境にも優しい。

デメリット

欲しい方が現れるまで、時間がかかる。個人間取引なのでトラブルになる場合もある。

4、回収業者に引き取りを依頼する

エレクトーン

壊れてしまっている場合や、自治体で回収してもらえない場合、戸建住宅の2階にあって搬出が難しい場合など、不用品回収業者に依頼する事になります。

メリット

運び出しから、全て行ってもらえ時間もかからずにすむ。

まとめ

いかがだったでしょうか、お部屋家具の配置変更やリフォーム、ライフスタイルの変化により処分しなければならない、どうしていいかわからずずっと置きっ放しなど、高価で思い入れがある物なので処分に躊躇してしまう物だと思います。皆様にこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

エレクトーン、おるがん処分の業者をお探しでしたら、お気軽にご相談ください。

料金表

■■■2019年作業実績、年間600件以上■■■

家財買取、処分片付け、遺品整理、引越し前後の急ぎの片付け、などお見積もりは無料ですのでお気軽にご相談ください。親切丁寧を心がけ対応いたします。

【総合便利サービスにじいろ】

【対応地域】

千葉市、船橋市、市川市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、茂原市、成田市、東金市、八街市、印西市、白井市、千葉県全域、東京23区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加